ニュース

『4代目ミス週刊実話WJガール』始動!【お披露目撮影会リポート】@秋葉原「Gスタ」

ついに『4代目ミス週刊実話WJガールオーディション』が始動! GW中の5月1日と2日に、東京・秋葉原の『Gスタ』で、お披露目撮影会が行われました。

検温、消毒、換気など、新型コロナウイルス対策を実施して行われた今回の撮影会。1日目には風羽まきさん、白壁爽子さん、南野さらさん、櫻まひるさん、水原乙さん、松本ひかるさんの6人が登場しました。

撮影会後、白壁さんは自身のツイッターへ《今日は私が大切にしていることに気づいてくださった方がいて、何だかすごく嬉しかったです~ この気持ちを忘れずにがんばりますね》と投稿。改めて決意を表明しています。

また、櫻さんはツイッターに《沢山ファンの方が会いに来てくれてまひるすごく感動しました》《グランプリ獲れるように頑張るので推してくれたらうれしいな》と綴っていました。

https://twitter.com/mahiru2dive/status/1388416246069096452

そして2日目の撮影会に潜入。この日は松岡奈々さん、めぐこさん、桃月あいりさん、小林広美さん、篠見星奈さん、しろんぱんさん、有栖川さつきさん、紅羽祐美さん、葉月乃彩さん、星咲るかさん、南ゆうきさんの総勢11人が参加しました。

10時〜15時の間に4部構成で行われた撮影会では、参加者の皆さんが、各回でそれぞれ水着をチェンジ。個性的な衣装で撮影会に挑んでいました。そして、列に並んで、撮影に参加させてもらうことに。

11人全員回ることはできなかったのですが、桃月さん、紅羽さん、南さんの撮影にお邪魔させていただきました。うまく会話と撮影のバランスを調節することができず、まだまだ撮影会初心者ということが露呈…。ですが皆さん優しく、逆にトークテーマを振ってもらうなど、楽しく撮影できました。

撮影会後の閉会式では、オーディション参加者の皆さんが挨拶。来場者への感謝のコメントとともに、それぞれの思いを語っていました。

めぐこさん「初めての撮影会で緊張しましたが、楽しかったです。応援よろしくお願いします」

桃月さん「今日はたくさんの方に撮っていただいて、とても楽しかったです。グランプリ獲りたいので応援してくれたら嬉しいです」

星咲さん「これから、たくさん応援してくれたら嬉しいです! 皆さんよろしくお願いします!」

松岡さんは「たのしかったです! お腹が空いてて早く帰りたいので回します」とマイクをパス。ユニークなコメントで会場の笑いを誘いました。

紅羽さん「今年の目標はグランプリを獲ることなので、応援よろしくお願いします!」

葉月さん「目が覚めてきたころに終わっちゃうのは寂しいんですけど、またイベントあるので、よかったら来てください!」

篠見さん「初めての水着のセッションで、すごく緊張したんですけど、昔から応援してくださってる方も最近知ってくれた方もいて、ホントにホントに嬉しかったです。グランプリ獲るため頑張るので、みなさん応援よろしくお願いします」

南さん「今日がお披露目ということで、またこれから平日のセッションもプール撮影会とか、たくさんイベントがあるので、これからも、もっともっと見ていてほしいな、と思います」

小林さん「初日のお披露目撮影会とっても楽しかったです。次回は平日の撮影会になるので、是非遊びに来てください」

有栖川さん「今日初めて来てくださった方も、私がグラビアを始める前、コスプレイヤーをやっていたときから応援してくださった方から、最近グラビアを初めて知ってくださった方まで、本当に色んな方に見守っていただいてるんだなって実感した撮影会でした。今日、気持ちを改めて頑張ろうと思えたので、皆さん応援よろしくお願います」

しろんぱんさん「誰も来てくれないんじゃないかって不安だったんですけど、多くの人に来てもらえて、はじめましての方もたくさん撮っていただいて、本当にありがとうございます。まだ初日お披露目会が始まったばかりなんですけど、今後も頑張っていきたいと思います」

とコメントしていました。

そしてこのあとは、編集部撮影の合間をいただいて、南さん、有栖川さん、篠見さん、めぐこさん、小林さん、しろんぱんさんへ、少しだけインタビューさせていただくことに。

南さんは、2代目ミス週刊実話WJガールオーディションの特別賞。今回はグランプリを獲得すべく、リベンジに燃えています。意気込みについては「グランプリを狙う」、賞についても「更新していきたい」と宣言。また、今回の副賞であるDVDリリースのため、ヤル気をみなぎらせているようです。

有栖川さんからは、まさかの「泣きそう」というコメントが。その理由を聞くと、撮影会に参加するようになって半年ほど経ち、SNSを見て参加してくれる人が増えたからとのこと。また、コスプレイヤー時代から知ってくれている人もいて、「支えられてるな~、応援されてるな~」と感じ、ウルウルきてしまったようです。

お次は、グラビア初挑戦で「右も左もわからない」という篠見さん。ほぼ毎日2時間の生配信を行っており、ハイテンションな配信では、〝リアクション芸人〟というあだ名がつくほど。撮影会については「緊張している人も、私が和ませたり、ちょっとでも楽しんでいただけたらいいな」と明るく話してくれました。

続いては、オーディションも大人数の撮影会に初めて参加するということで、緊張の様子をみせていためぐこさん。普段は1対1の個撮で撮影しているので、短い時間でグルグルと撮影者が変わる今回のような撮影会は難しかったそうです。ですが会話も楽しんで、「『ツイッター見ました』って言ってもらえて嬉しかったです」と答えてくれました。

お次に話を聞いたのは、小林さん。「思ったよりお客さんが来てくれて、最後ちょっと疲れたけど楽しかった(笑)」と話してくれました。撮影会で着た水着は、すべて自身で選んだようで、オレンジ系や白系、リゾートチックな水着を着用。すべて好評だったようですが、「4部で着た水着が特に人気だった」と教えてくれました。

最後はしろんぱんさん。お披露目撮影会ということでしたが、新しく来てくれた人や、「応援している」と声をかけてくれる人もいて、嬉しかったと笑顔。初のオーディションだそうですが、共演している人たちと切磋琢磨して、「グランプリを目指したい!」と宣言してくれました。

次の撮影会は、5月13日に同じく秋葉原の『Gスタ』で開催予定。まだ始まったばかりの『4代目ミス週刊実話WJガールオーディション』ですが、すでに盛り上がりは過熱中。次は誰がグランプリに輝くのでしょうか。

 

『WJガール』公式ツイッターやYouTubeチャンネル、始めたばかりのインスタグラムでは、オーディションの情報を日々更新しているので、よろしければフォローをお願いします!

『ミス週刊実話WJ Girls チャンネル』

『WJ Girlsチャンネル』公式ツイッター

『週刊実話WJガールズ』公式インスタグラム